劇団Compassについて

劇団員の9割が社会人・学生

劇団員のほとんどが普段仕事を持つ社会人や学生です。
社会生活を営みながら芝居・歌・ダンスで活動の場を広げたい方、表現活動に興昧のある方、本気で取り組む姿勢さえあれば未経験者でも大歓迎です。

自律した個人

年齢や経験を問わず、受け身でなく自ら輝くための意志と自主性=「自律」を重視しています。表現の元となる、自分自身と向き合うためのきっかけづくり、社会生活においても”自分らしさ”を表現できる個人を育むことを目指しています。

Yes, andの精神

演出や普段のコミュニケーションにおいて、基本的に「否定」ではなく、
その人の良さを見出し、可能性を引き出すこと = Yes, andの精神を大切にしています。

稽古は神戸・大阪近郊 / 土日・祝日

稽古は神戸・大阪近郊の公共施設で、基本的に土日・祝日に行っています。

定期ワークショップ開催中

毎月劇団員と一般の方向けに兵庫・大阪の公共施設で定期的にワークショップを開催しています。劇団代表横田裕久が講師を務める 芝居ワークショップをはじめ、ダンス ・歌のレッスンを行っています。また、不定期にプロ(歌手・作曲家など)の講師を招き指導いただいています。(劇団員割引あり)

作品は全てオリジナル

劇団Compassの作品は、脚本・演出、作曲・編曲、振付、全てがオリジナル。
劇団Compassにしかできない表現、ものづくりを目指し、主に年1回(3月)の本公演(ミュージカル)と絵本の読み聞かせコンサートなどのイベント参加を通して表現活動を行っています。

旗揚げ公演では900人以上を動員

2019年1月に神戸ファッション美術館にて上演した ミュージカル『羅針盤〜キャプテン・ジョンの物語〜』では、旗揚げ公演ながら3公演で900人以上を動員し、大好評のうちに幕を下ろしました。